エアーコンプレッサー通販専門店AIR SELFは高品質なエアーコンプレッサを全国に送料無料でお届けしております。
静音自慢の高品質エアーコンプレッサをお求めやすい価格で在庫セール中
お電話は日本人専任スタッフが対応します
050-8888-7890
毎日10時〜19時。スマホ可。日曜休業

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エアーコンプレッサーコラム
  4. エアーコンプレッサーの寿命と連続運転時間を専門店が解説します

エアーコンプレッサーの寿命と連続運転時間を専門店が解説します

エアーコンプレッサーの寿命と連続運転時間

お世話になっております。今回の記事ではエアーコンプレッサーの寿命と連続運転時間と題して、お使いのエアーコンプレッサーおよび当店で購入したエアーコンプレッサーを少しでも長くご愛用いただくために「エアーコンプレッサーの寿命と連続運転時間」と題した記事となります。

エアーコンプレッサーの寿命や連続運転時間は、様々な要素によって異なります。以下に、一般的な寿命や連続運転時間についての解説をいたしますが、メーカーやモデルによって異なる場合がありますので、購入時にはメーカーの指示や仕様を確認することをおすすめします。

1. エアーコンプレッサーの寿命について

エアーコンプレッサーの寿命は、正しい使用と適切なメンテナンスによって延ばすことができます。一般的に、良好なメンテナンスが行われた場合、エアーコンプレッサーの寿命は10年以上とされています。ただし、使用頻度や作業条件によっても異なるため、状況に応じて判断する必要があります。

2. エアーコンプレッサーの連続運転時間

エアーコンプレッサーの連続運転時間は、メーカーやモデルによって異なります。一般的に、エアーコンプレッサーは連続的な運転を行うことができますが、長時間の連続運転には注意が必要です。過剰な熱や負荷がかかる可能性があり、故障や損傷の原因となることがあります。メーカーの指示や仕様に基づいて、適切な連続運転時間を守るようにしましょう。

当店としてはオイルレス型の頑丈なエアーコンプレッサーを完備しておりますので、オイルレス型を推奨しております。

一般的にエアーコンプレッサーの寿命や連続運転時間を延ばすためには、以下のポイントに注意することが重要です。

  • 適切なメンテナンス:定期的な清掃、オイル交換、フィルターの交換などのメンテナンスを適切に行いましょう。
  • 適切な使用条件:エアーコンプレッサーを設置する場所や環境に注意し、適切な温度や湿度の範囲で使用しましょう。
  • 適切な負荷管理:過度な負荷や連続的な運転を避け、適切な作業スケジュールを立てましょう。
  • 適切な冷却時間:長時間の使用後は適切な冷却時間を取り、エアーコンプレッサーが過熱しないようにしましょう。

以上がエアーコンプレッサーの寿命や連続運転時間に関する一般的な解説です。しかし、具体的な製品によって異なる場合がありますので、購入時にはメーカーの指示や仕様をよく確認し、適切な使用とメンテナンスを行うようにしてください。また、不具合や異常を感じた場合には専門店やメーカーに相談することも重要です。

当店では連続運転時間が実質無制限のETOPシリーズが人気です。

先日、当店にて購入を検討しているお客様からエアーコンプレッサーの選び方についてご質問がありましたので、こちらのコラムにも記載します。当店では連続運転時間が実質無制限のETOPシリーズが人気です。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

あなたにあったエアーコンプレッサーの選定方法

自分にあったエアーコンプレッサーを選ぶには主にオイル式とオイルレス式の違い、タンク容量、そして消費電力を考慮する必要があります。

1. オイル式とオイルレス式の違い

オイル式とオイルレス式の違いは、まず、オイルの有無によります。一般的に家庭やDIYで使われるエアーコンプレッサーはオイルレス型が多いです。オイルレス式は、オイルが絡まないため、空気の噴射にオイルが混ざることがありません。これは、塗装や食品加工など、純粋な空気が求められる作業に適しています。しかし、オイルレス式はオイル式に比べて耐久性が少し落ち、連続使用には向きません。反面、動作音はオイル式よりも小さい傾向があります。

一方、オイル式エアーコンプレッサーは、空気に微量のオイルが混じる特性があります。これは、特定の工業用途などで必要とされる場合があります。また、オイル式は長時間の連続使用に耐える耐久性を持っています。しかし、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要で、清浄な空気が必要な作業には向きません。

当店としてはオイルレス型の頑丈なエアーコンプレッサーを完備しておりますので、オイルレス型を推奨しております。

2. タンク容量

次に、タンク容量です。タンク容量が大きければ大きいほど、一度にためられる空気量が増え、作業効率が上がります。しかし、すべての作業が連続作業でなければ、小さいタンクのエアーコンプレッサーでも十分に機能を発揮できます。さらに、サブタンクを用いて容量を増やすという選択肢もあります。

3. 消費電力

最後に、消費電力を考える必要があります。大きなタンク容量のエアーコンプレッサーは一見魅力的に見えますが、それらはしばしば大きな消費電力を必要とします。特に、一部の製品では1000W以上の電力を消費することもあります。これはドライヤーなどの高消費電力の家電と同等の電力であり、短時間の使用なら問題ないかもしれませんが、同時に他の高消費電力の家電を使用する場合は注意が必要です。

おすすめのエアコンプレッサー

最後に、メンテナンスを毎日せずとも良いDIY利用も可能な当店のおすすめのエアコンプレッサーを紹介します。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

選ぶエアコンプレッサーはあなたの具体的なニーズと用途によります。上記のガイドラインとおすすめを参考に、最適なエアコンプレッサーを見つけてください。

050-8888-7890 ここをタップでお電話

お電話でのお問い合わせ時には「HPを見ました」とお声がけください。

メールでの問い合わせやご注文 見積書・請求書も発行中