エアーコンプレッサーをしようする上で必要な道具は様々あります。

本記事ではそんなエアーコンプレッサーに必要な道具の中でも空気を送り込むのに重要な役割を果たすエアホースについてのよくある不備や不具合などのレビューとその改善案を紹介していきます。

エアーコンプレッサーやエアーホースを購入する際の一つの指標にしていただければと思います。

エアーホースのよくある不備や不具合のレビューとその改善案

まずは、一般的なエアーホースの不備や不具合に関するレビューと、それに対する改善案について見ていきましょう。

ばね性や柔軟性が低い

レビュー: エアーホースが硬く、曲げるのが難しく、作業中に邪魔になることがある。

改善案: 高品質な素材で作られた柔軟性の高いエアーホースを選ぶ。シリコンやゴム製のエアーホースは曲げやすく、作業性が向上します。

空気漏れ

レビュー: エアーホースの接続部分から空気漏れが発生し、圧力が維持できない。

改善案: クイックカプラーや接続部分に適切なシール材を使用し、接続部分を確実に締め付ける。また、定期的に接続部分の状態を確認し、必要に応じて部品を交換する。

耐久性が低い

レビュー: エアーホースが破れやすく、すぐに交換が必要になる。

改善案: 耐摩耗性や耐圧性が高い素材で作られたエアーホースを選ぶ。また、適切な取り扱いとメンテナンスを行うことで、エアーホースの寿命を延ばすことができます。

長さが不適切

レビュー エアーホースの長さが短すぎるか長すぎるため、作業に支障がある。

改善案: 作業範囲やエアーコンプレッサーの設置場所を考慮し、適切な長さのエアーホースを選ぶ。必要に応じてエクステンションホースを使用することも検討できます。

収納が面倒

レビュー: エアーホースがからまりやすく、収納が面倒である。

改善案: エアーホースリールを使用して、エアーホースを綺麗に巻き取り、保管する。リールを使用することで、エアーホースの取り扱いが容易になり、収納スペースも節約できます。

空気漏れを防ぐエアホースの選び方ポイント

空気もれを防ぐエアホースは以下の4つのポイントをもとに選びましょう。

品質の高い素材

エアホースが耐圧性や耐摩耗性に優れた素材で作られていることが重要です。例えば、ゴム製、ポリウレタン製、またはPVC製などの高品質な素材を使用することで、空気漏れのリスクを減らすことができます。

堅牢な接続部品

エアホースの接続部分には、耐久性が高く密閉性のあるクイックカプラーや継手を使用することが重要です。これにより、接続部分からの空気漏れを防ぐことができます。

 

適切なシールテープ

エアホースの接続部分に適切なシールテープ(例:テフロンテープ)を使用することで、さらに空気漏れを防ぐことができます。シールテープは定期的に交換することで、長期的に密閉性を維持できます。

正確なサイズやエアーコンプレッサー本体との互換性

エアホースとエアーコンプレッサーやエアーツールの接続部分のサイズが正確であることが重要です。サイズがぴったり合うことで、接続部分の空気漏れを防ぐことができます。

これらの要素を考慮したエアホースを選ぶことで、空気漏れに関する悩みを解決し、満足度の高い使い方が可能です。

エアホースの選び方については、品質や耐久性、適切な長さ、そして適切な接続と取り扱いに注意することが重要です。

エアーホースの選び方や注意点を把握することで、効果的なエアーコンプレッサーの利用が可能となります。
エアーコンプレッサーおすすめ商品

エアーコンプレッサー専門店エアセルフ

私たちは国内では珍しいエアーコンプレッサー通販の専門店です。
9L・10Lのお手軽サイズから24L・30L・50Lなどの大容量サイズまで様々なリットル容量のエアータンクまで幅広く通販で用意しています。


365日受付中

メール受付時間:24時間受付中

電話受付時間:12:00~17:00



▼お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼

050-8888-7890

※スマホからならタップでお電話いただけます。

お気軽にお電話ください


私たちは専門店としておすすめのエアーコンプレッサーを日本中に広めていきたいという思いでエアーコンプレッサー通販専門店のエアセルフを立ち上げました。

お客様の抱える悩みを全て解決できるよう、エアーコンプレッサーという商品にひたむきに向き合い、おすすめできる静音エアーコンプレッサーを独自開発し、より良いおすすめエアーコンプレッサーを届けるためにひとつずつ改善を重ねております。現在、弊社運営サイトでは複数のエアーコンプレッサーの販売を行っています。

エアーコンプレッサーの取り扱いモデルはこちら
 
TOP