エアーコンプレッサーは圧縮された空気のエネルギーを空気の噴射や工具の動力源に使う機械です。

エアーコンプレッサーにはベルトが付いているベルト可動式のエアーコンプレッサーが存在します。

本記事ではそんなベルト可動式のエアーコンプレッサーの使い方とメリットを解説していきます。

ベルト可動式エアーコンプレッサーのベルトの使い方

ベルト可動式エアーコンプレッサーのベルトの使い方

エアーコンプレッサーのベルトは、主にモーターと圧縮機を結びつけて動力を伝達するために使用されます。

ベルト駆動式エアーコンプレッサーでは、電動モーターが回転力を発生させ、それをベルトを介して圧縮機に伝達します。圧縮機は、モーターからの動力を受け取って空気を圧縮し、タンクに送り込む役割を果たします。

ベルト可動式エアーコンプレッサーの使い方は標準のエアーコンプレッサーと特に変わりません。

電源を繋ぎ、カプラーやエアホースなどを接続して圧縮した空気を噴出したり、工具とつなげて動力源にすることができます。

ベルト可動式エアーコンプレッサーのメリット

ベルト駆動式エアーコンプレッサーには、主に以下の3点のメリットがあります。

  • 衝撃の吸収
  • ギア比の調整
  • メンテナンスが簡単

衝撃の吸収

ベルトがモーターと圧縮機の間にあるため、動作中の振動や衝撃が緩和されます。これにより、機器の寿命が延びることがあります。

ギア比の調整

ベルト駆動式では、プーリーのサイズを変更することで、モーターと圧縮機のギア比を調整することができます。これにより、エアーコンプレッサーの性能を最適化することができます。

メンテナンスが簡単

ベルト駆動式エアーコンプレッサーのメンテナンスは比較的簡単で、ベルトの交換や調整が容易に行えます。

とはいえ、ベルト駆動式エアーコンプレッサーは、定期的なベルトの点検や交換が必要です。また、ベルトの摩耗や緩みが発生すると、エアーコンプレッサーの性能が低下することがあります。そのため、定期的なメンテナンスが重要です。

まとめ

ベルト駆動式エアーコンプレッサーは、モーターから圧縮機へ動力を伝達し、圧縮した空気を生成する装置です。操作方法は標準のエアーコンプレッサーと同じで、圧縮空気を噴出したり、工具と結びつけて動力源にすることができます。

メリットとしては、振動や衝撃の吸収、ギア比の調整、そして簡単なメンテナンスが挙げられます。しかし、定期的なベルトの点検や交換が必要で、ベルトの摩耗や緩みは性能低下の原因となるため、メンテナンスは重要です。

このような特性を理解した上で、ぜひ使用用途にあったエアーコンプレッサーをお選びください。

当サイト「エアーコンプレッサー専門店エアセルフAIRSELF」では、各種エアーコンプレッサーを豊富に取り揃えておりますので、お気軽にご覧ください。
エアーコンプレッサーおすすめ商品

エアーコンプレッサー専門店エアセルフ

私たちは国内では珍しいエアーコンプレッサー通販の専門店です。
9L・10Lのお手軽サイズから24L・30L・50Lなどの大容量サイズまで様々なリットル容量のエアータンクまで幅広く通販で用意しています。


365日受付中

メール受付時間:24時間受付中

電話受付時間:12:00~17:00



▼お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼

050-8888-7890

※スマホからならタップでお電話いただけます。

お気軽にお電話ください


私たちは専門店としておすすめのエアーコンプレッサーを日本中に広めていきたいという思いでエアーコンプレッサー通販専門店のエアセルフを立ち上げました。

お客様の抱える悩みを全て解決できるよう、エアーコンプレッサーという商品にひたむきに向き合い、おすすめできる静音エアーコンプレッサーを独自開発し、より良いおすすめエアーコンプレッサーを届けるためにひとつずつ改善を重ねております。現在、弊社運営サイトでは複数のエアーコンプレッサーの販売を行っています。

エアーコンプレッサーの取り扱いモデルはこちら
 
TOP