コンプレッサーのメンテナンス方法とDIY後のメンテナンス

こんにちは、この記事ではコンプレッサーのメンテナンス方法とDIY後のメンテナンスについてお客様から質問があるためコラムとして記事化しております。第一にコンプレッサーのメンテナンスは正しく行われることで、長期間にわたり効果的な動作を維持し、トラブルや故障のリスクを最小限に抑えることができます。以下に、コンプレッサーのメンテナンス方法とDIY後のメンテナンスについて解説します。

コンプレッサーのメンテナンス方法とDIY後のメンテナンス一覧まとめ

コンプレッサーのDIYメンテナンス方法1. 定期的な清掃

コンプレッサーの外側と内部を定期的に清掃しましょう。外側は埃や汚れを掃除機やブラシで取り除き、内部は適切な方法で清掃します。特にフィルターや吸気口は目詰まりを防ぐために定期的に清掃しましょう。

コンプレッサーのDIYメンテナンス方法2. オイル交換

オイル式コンプレッサーの場合、適切な頻度でオイルの交換を行いましょう。メーカーの指示に従って交換タイミングを把握し、適切なオイルを使用しましょう。当店でおすすめしているのはすべてオイルレス型のエアーコンプレッサーとなりますので、コンプレッサー専門店である当店で購入された場合には面倒なオイル交換のメンテナンスはすべて不要となっております。

また当店としてはオイルレス型の頑丈なエアーコンプレッサーを完備しておりますので、オイルレス型を推奨しております。

コンプレッサーのDIYメンテナンス方法3. フィルターの交換

吸気フィルターやオイルフィルターなどの交換が必要な場合は、定期的に交換しましょう。フィルターの目詰まりがコンプレッサーの性能に影響を与える可能性があるため、定期的な交換は重要です。

コンプレッサーのDIYメンテナンス方法4. 空気タンクの排水

コンプレッサーの空気タンクには水や湿気が蓄積することがあります。適宜、タンク内の水を排水してください。定期的な排水を行うことで、タンク内の湿気を取り除き、錆や腐食のリスクを軽減します。当店でおすすめしている商品はすべて水抜きがワンタッチで可能なモデルのエアーコンプレッサーとなりますので、コンプレッサー専門店である当店で購入された場合にはメンテナンスはとても簡単となっております。

コンプレッサーのDIYメンテナンス方法5. 適切な保管

コンプレッサーを保管する際は、乾燥した場所に保管し、直射日光や湿気から遠ざけましょう。また、適切なカバーを使用して保護することも重要です。

DIY後のメンテナンスの追加アドバイス

DIY後のメンテナンスとしては、使用したエアツールやアクセサリーの清掃と点検を行いましょう。エアツールは使用後に綺麗に拭き取り、必要に応じて潤滑油を塗布します。また、アクセサリーも清掃し、異常や損傷がないかを確認します。

以上がコンプレッサーのメンテナンス方法とDIY後のメンテナンスについての解説です。定期的なメンテナンスを行い、コンプレッサーとエアツールを適切に保護することで、長く安全に利用することができます。専門店やメーカーのガイドラインを参考にしながら、適切なメンテナンスを行ってください。

メンテナンスをサボれる当店のエアーコンプレッサーの選び方とコツ

先日、当店にて購入を検討しているお客様からエアーコンプレッサーの選び方についてご質問がありましたので、こちらのコラムにも記載します。

メンテナンスをサボれる当店のエアーコンプレッサーの選定方法

自分にあったエアーコンプレッサーを選ぶには主にオイル式とオイルレス式の違い、タンク容量、そして消費電力を考慮する必要があります。

1. オイル式とオイルレス式の違い

オイル式とオイルレス式の違いは、まず、オイルの有無によります。一般的に家庭やDIYで使われるエアーコンプレッサーはオイルレス型が多いです。オイルレス式は、オイルが絡まないため、空気の噴射にオイルが混ざることがありません。これは、塗装や食品加工など、純粋な空気が求められる作業に適しています。しかし、オイルレス式はオイル式に比べて耐久性が少し落ち、連続使用には向きません。反面、動作音はオイル式よりも小さい傾向があります。

一方、オイル式エアーコンプレッサーは、空気に微量のオイルが混じる特性があります。これは、特定の工業用途などで必要とされる場合があります。また、オイル式は長時間の連続使用に耐える耐久性を持っています。しかし、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要で、清浄な空気が必要な作業には向きません。

当店としてはオイルレス型の頑丈なエアーコンプレッサーを完備しておりますので、オイルレス型を推奨しております。

2. タンク容量

次に、タンク容量です。タンク容量が大きければ大きいほど、一度にためられる空気量が増え、作業効率が上がります。しかし、すべての作業が連続作業でなければ、小さいタンクのエアーコンプレッサーでも十分に機能を発揮できます。さらに、サブタンクを用いて容量を増やすという選択肢もあります。

3. 消費電力

最後に、消費電力を考える必要があります。大きなタンク容量のエアーコンプレッサーは一見魅力的に見えますが、それらはしばしば大きな消費電力を必要とします。特に、一部の製品では1000W以上の電力を消費することもあります。これはドライヤーなどの高消費電力の家電と同等の電力であり、短時間の使用なら問題ないかもしれませんが、同時に他の高消費電力の家電を使用する場合は注意が必要です。

DIY経験者の園城寺さん(30代男性)からもコメントをいただいております。

私も含めDIYをする人たちは、自分の手で物を作り上げる喜びを深く理解しています。エアーコンプレッサーは、その創造的なプロセスにおいて重要な役割を果たす道具であり、高品質なエアーコンプレッサーを使うことで作業がより効率的で楽しくなります。エアセルフさんのようなエアーコンプレッサー専門店の通販サイトの利点は数多くあります。まず、品揃えの豊富さは大きな魅力です。特定のタスクに最適なエアーコンプレッサーを探す場合、専門店のサイトは多くの異なるタイプ、サイズ、パワーのエアーコンプレッサーを提供しています。特定のブランドやモデルを探すことも容易で、そういった選択肢は一般的なハードウェアストアでは得られないものです。

さらに、エアーコンプレッサー専門店の通販サイトでは、製品の詳細情報とレビューを簡単に確認できます。これにより、自分のDIYプロジェクトに最適なエアーコンプレッサーを選ぶための重要な判断材料を得ることができます。また、専門店ならではの知識を活用して、製品の比較、ヒントやアドバイス、使用方法などの有益な情報を提供してくれることでしょう。

以上の点から、エアーコンプレッサー専門店の通販サイトは、DIY愛好家にとって貴重なリソースとなります。それは単なる商品を提供する場所以上の存在で、DIYの旅をサポートするパートナーとも言えるでしょうし、是非DIY初心者の方々には気軽に楽しんでもらえればとも思います。堅苦しい文章になりましたが、よろしくお願いします。

おすすめのエアコンプレッサー

最後に、メンテナンスを毎日せずとも良いDIY利用も可能な当店のおすすめのエアコンプレッサーを紹介します。

選ぶエアコンプレッサーはあなたの具体的なニーズと用途によります。上記のガイドラインとおすすめを参考に、最適なエアコンプレッサーを見つけてください。

エアーコンプレッサー専門店エアセルフ

私たちは国内では珍しいエアーコンプレッサー通販の専門店です。
9L・10Lのお手軽サイズから24L・30L・50Lなどの大容量サイズまで様々なリットル容量のエアータンクまで幅広く通販で用意しています。


365日受付中

メール受付時間:24時間受付中

電話受付時間:12:00~17:00



▼お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼

050-8888-7890

※スマホからならタップでお電話いただけます。

お気軽にお電話ください


私たちは専門店としておすすめのエアーコンプレッサーを日本中に広めていきたいという思いでエアーコンプレッサー通販専門店のエアセルフを立ち上げました。

お客様の抱える悩みを全て解決できるよう、エアーコンプレッサーという商品にひたむきに向き合い、おすすめできる静音エアーコンプレッサーを独自開発し、より良いおすすめエアーコンプレッサーを届けるためにひとつずつ改善を重ねております。現在、弊社運営サイトでは複数のエアーコンプレッサーの販売を行っています。

エアーコンプレッサーの取り扱いモデルはこちら
 
TOP