エアーコンプレッサー通販専門店AIR SELFは高品質なエアーコンプレッサを全国に送料無料でお届けしております。
静音自慢の高品質エアーコンプレッサをお求めやすい価格で在庫セール中
お電話は日本人専任スタッフが対応します
050-8888-7890
毎日10時〜19時。スマホ可。日曜休業

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エアーコンプレッサーコラム
  4. オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットを専門店が解説

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットを専門店が解説

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットについて

本日はオイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットについて私たちエアーコンプレッサー通販専門店エアセルフの見解をお伝えできればと思います。オイルレスコンプレッサーは、その特性上、連続運転には適していない場合があります。以下に、その理由とデメリットについて詳しく説明します。

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリット1. 熱の発生

オイルレスコンプレッサーは内部の摩擦を減らすためにオイルを使用しないため、摩擦による熱が発生しやすくなります。連続運転によってコンプレッサーが長時間使用されると、熱が蓄積される可能性があります。これにより、コンプレッサーの性能が低下したり、過熱による故障のリスクが高まったりすることがあります。

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリット2. 冷却の必要性

連続運転によってコンプレッサーが過熱する場合、十分な冷却が必要です。オイルレスコンプレッサーは内部に冷却システムを備えている場合がありますが、長時間の連続運転には限界があります。適切な冷却が行われない場合、コンプレッサーの性能や寿命に悪影響を与える可能性があります。

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリット3. 音と振動

オイルレスコンプレッサーは一般的に騒音や振動が少ないとされていますが、連続運転によってこれらが増加する可能性があります。長時間の連続運転によってコンプレッサーが熱くなり、騒音や振動が増すことがあります。これは作業環境に影響を与えるだけでなく、周围の人々にも迷惑をかける可能性があります。

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリット4. 耐久性の低下

オイルレスコンプレッサーは内部の部品が直接摩擦するため、オイルを使用するコンプレッサーよりも部品の摩耗が早く進む傾向があります。長時間の連続運転によって摩耗が進むため、オイルレスコンプレッサーの寿命が短くなる可能性があります。

以上が、オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットの一般的な内容です。決して安くない商品ですし、私たちも大事に用意した商品です。なので大事なのは具体的な製品の仕様や使用上の注意をよく確認することが重要かなと思われます。当社コンプレッサーの使用前には、取扱説明書や専門家のアドバイスに従って適切な運転方法を確認し、安全かつ効果的な使用を心がけましょう。

連続運転の長いエアーコンプレッサーの選び方とコツ

先日、当店にて購入を検討しているお客様からエアーコンプレッサーの選び方についてご質問がありましたので、こちらのコラムにも記載します。

エアーコンプレッサーの選定方法

自分にあったエアーコンプレッサーを選ぶには主にオイル式とオイルレス式の違い、タンク容量、そして消費電力を考慮する必要があります。

1. オイル式とオイルレス式の違い

オイル式とオイルレス式の違いは、まず、オイルの有無によります。一般的に家庭やDIYで使われるエアーコンプレッサーはオイルレス型が多いです。オイルレス式は、オイルが絡まないため、空気の噴射にオイルが混ざることがありません。これは、塗装や食品加工など、純粋な空気が求められる作業に適しています。しかし、オイルレス式はオイル式に比べて耐久性が少し落ち、連続使用には向きません。反面、動作音はオイル式よりも小さい傾向があります。

一方、オイル式エアーコンプレッサーは、空気に微量のオイルが混じる特性があります。これは、特定の工業用途などで必要とされる場合があります。また、オイル式は長時間の連続使用に耐える耐久性を持っています。しかし、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要で、清浄な空気が必要な作業には向きません。

当店でおすすめしているのはすべてオイルレス型のエアーコンプレッサーとなりますので、コンプレッサー専門店である当店で購入された場合には面倒なオイル交換のメンテナンスはすべて不要となっております。

2. タンク容量

次に、タンク容量です。タンク容量が大きければ大きいほど、一度にためられる空気量が増え、作業効率が上がります。しかし、すべての作業が連続作業でなければ、小さいタンクのエアーコンプレッサーでも十分に機能を発揮できます。さらに、サブタンクを用いて容量を増やすという選択肢もあります。

3. 消費電力

最後に、消費電力を考える必要があります。大きなタンク容量のエアーコンプレッサーは一見魅力的に見えますが、それらはしばしば大きな消費電力を必要とします。特に、一部の製品では1000W以上の電力を消費することもあります。これはドライヤーなどの高消費電力の家電と同等の電力であり、短時間の使用なら問題ないかもしれませんが、同時に他の高消費電力の家電を使用する場合は注意が必要です。

おすすめのエアコンプレッサー

最後に、いくつかのおすすめのエアコンプレッサーを紹介します。本日時点ではETOPシリーズのエアーコンプレッサーがオイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットをくつがえす実質的には無制限に長時間連続運転も可能とした最新モデルとなります。

自動空気充填システムにより長時間の使用が可能で実質的に無制限で利用することを想定して開発されています。しかし無理な負荷をかけることで本体の消耗がかかるのも事実なので私たちとしては15分間の利用を都度していただくことをオススメしております。詳しくは商品同梱されている説明書をご覧いただければと思います。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

オイルレスコンプレッサーの連続運転とデメリットが気になるあなたにとって、選ぶエアコンプレッサーはあなたの具体的なニーズと用途によります。上記のガイドラインとおすすめを参考に、最適なエアコンプレッサーを見つけてください。

050-8888-7890 ここをタップでお電話

お電話でのお問い合わせ時には「HPを見ました」とお声がけください。

メールでの問い合わせやご注文 見積書・請求書も発行中