エアーコンプレッサー通販専門店AIR SELFは高品質なエアーコンプレッサを全国に送料無料でお届けしております。
静音自慢の高品質エアーコンプレッサをお求めやすい価格で在庫セール中
お電話は日本人専任スタッフが対応します
050-8888-7890
毎日10時〜19時。スマホ可。日曜休業

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エアーコンプレッサーコラム
  4. エアーコンプレッサーの吐出量目安を専門店が解説

エアーコンプレッサーの吐出量目安を専門店が解説

エアーコンプレッサーの吐出量目安を専門店が解説

エアーコンプレッサーの吐出量目安を専門店が解説します。エアーコンプレッサーは、エアーツールの種類や作業の内容によって必要な容量が異なります。例えば、小型のエアーブラシであれば少ない吐出量で済むのに対し、エアードリルやインパクトレンチなどのエアーツールを使う場合は、より大きな容量のエアーコンプレッサーが必要になるでしょう。

では、具体的にどのようにエアーコンプレッサーの容量を選べばいいのでしょうか。本日は、そんな疑問にお答えし、皆さんがDIY作業をより効率的に、そして楽しく進められるように、エアーコンプレッサーの容量の選び方についてご説明します。

コンプレッサーの吐出量目安

エアーコンプレッサーの吐出量とは、エアーコンプレッサーが一定時間(通常は1分間)に送り出すことができる空気の量を指します。この値は通常、CFM(Cubic Feet per Minute)またはL/min(リットル/分)で表示されます。 吐出量の選び方や必要な値は、使用するエアツールやその作業内容により大きく変わります。以下は、一般的なエアツールとそれぞれの目安となる吐出量の例です。

エアブラシ:0.1 – 0.3 CFM(約2.8 – 8.5 L/min)

エアナイラー:0.3 – 1.5 CFM(約8.5 – 42.5 L/min)

エアインパクトレンチ:3 – 6 CFM(約85 – 170 L/min)

エアサンダー:5 – 8 CFM(約142 – 226 L/min)

このように、エアツールの種類やその使用法によって必要な吐出量は大きく異なるため、選ぶエアコンプレッサーの吐出量は、使用するエアツールの要件を満たすことが重要です。また、連続してエアツールを使用する場合や、複数のエアツールを同時に使用する場合は、それぞれのエアツールが必要とする吐出量の合計以上の吐出量を持つエアーコンプレッサーを選ぶべきです。

以上がエアーコンプレッサーの吐出量の目安ですが、具体的な数値はエアツールのメーカーやモデルにより異なるため、各エアツールの製品情報やマニュアルを参照することが推奨されます。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

家庭用DIYで必要なコンプレッサーの吐出量について

エアーコンプレッサーの選択において吐出量は重要な要素の一つで、エアーツールが正しく機能するために必要な空気量を提供できるかどうかを示します。吐出量は通常、分当たりの立方フィート(CFM)やリットル(L/min)で表されます。

これらのツールは通常、0.5 – 3 CFM(14 – 85 L/min)の範囲の吐出量を必要とします。したがって、家庭用DIY用のエアコンプレッサーとして適しているものは、約1 – 4 CFM(28 – 113 L/min)の吐出量を持つものが一般的です。
ただし、あなたが使用する具体的なエアツールの必要とする吐出量を確認し、それに合ったエアーコンプレッサーを選択することが重要です。エアツールの仕様書または製造メーカーのウェブサイトで、エアツールが必要とする空気の量(CFMまたはL/min)を確認できます。

エアコンプレッサーの吐出量はその動作圧力によっても変化するため、エアツールが要求する動作圧力(PSIまたはbar)での吐出量を確認することも忘れないでください。

DIYで利用するエアーコンプレッサーの選び方とコツ

DIY(Do-It-Yourself)プロジェクトでのエアーコンプレッサーの選び方は、以下のような考慮点に基づいて行われます:

1. 用途:エアーコンプレッサーでどのようなエアツールを使用するかを理解することが重要です。各ツールは特定のCFM(Cubic Feet per Minute)とPSI(Pounds per Square Inch)を要求します。これらの要求を満たすエアーコンプレッサーを選ぶことが必要です。

2. 容量:エアーコンプレッサーの容量は、タンクのサイズによって決まります。大きなタンクは、ツールの持続的な使用を可能にしますが、移動が困難になる可能性があります。一方、小さなタンクは容易に移動できますが、頻繁に再充填する必要があります。

3. 電源:家庭で使用する場合、通常は100Vの電源が利用可能です。したがって、選ぶエアーコンプレッサーがこれに対応していることを確認する必要があります。

4. ポータビリティ:DIYプロジェクトでの作業場所は固定されていない場合が多いため、エアーコンプレッサーは持ち運び可能であることが理想的です。このため、軽量でハンドルやホイールがついているモデルを選ぶと良いでしょう。

5. 静音性:DIYプロジェクトはしばしば住宅内で行われるため、低騒音のエアーコンプレッサーを選ぶと、騒音によるストレスや近隣住民への影響を抑えることができます。

これらの要点を考慮に入れて、DIYプロジェクトに最適なエアーコンプレッサーを選ぶことができます。
[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

良いエアーコンプレッサーの選び方とコツ

先日、当店にて購入を検討しているお客様からエアーコンプレッサーの選び方についてご質問がありましたので、こちらのコラムにも記載します。

エアーコンプレッサーの選定方法

自分にあったエアーコンプレッサーを選ぶには主にオイル式とオイルレス式の違い、タンク容量、そして消費電力を考慮する必要があります。

1. オイル式とオイルレス式の違い

オイル式とオイルレス式の違いは、まず、オイルの有無によります。一般的に家庭やDIYで使われるエアーコンプレッサーはオイルレス型が多いです。オイルレス式は、オイルが絡まないため、空気の噴射にオイルが混ざることがありません。これは、塗装や食品加工など、純粋な空気が求められる作業に適しています。しかし、オイルレス式はオイル式に比べて耐久性が少し落ち、連続使用には向きません。反面、動作音はオイル式よりも小さい傾向があります。

一方、オイル式エアーコンプレッサーは、空気に微量のオイルが混じる特性があります。これは、特定の工業用途などで必要とされる場合があります。また、オイル式は長時間の連続使用に耐える耐久性を持っています。しかし、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要で、清浄な空気が必要な作業には向きません。

当店としてはオイルレス型の頑丈なエアーコンプレッサーを完備しておりますので、オイルレス型を推奨しております。

2. タンク容量

次に、タンク容量です。タンク容量が大きければ大きいほど、一度にためられる空気量が増え、作業効率が上がります。しかし、すべての作業が連続作業でなければ、小さいタンクのエアーコンプレッサーでも十分に機能を発揮できます。さらに、サブタンクを用いて容量を増やすという選択肢もあります。

3. 消費電力

最後に、消費電力を考える必要があります。大きなタンク容量のエアーコンプレッサーは一見魅力的に見えますが、それらはしばしば大きな消費電力を必要とします。特に、一部の製品では1000W以上の電力を消費することもあります。これはドライヤーなどの高消費電力の家電と同等の電力であり、短時間の使用なら問題ないかもしれませんが、同時に他の高消費電力の家電を使用する場合は注意が必要です。

おすすめのエアコンプレッサー

最後に、メンテナンスを毎日せずとも良いDIY利用も可能な当店のおすすめのエアコンプレッサーを紹介します。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

選ぶエアコンプレッサーはあなたの具体的なニーズと用途によります。上記のガイドラインとおすすめを参考に、最適なエアコンプレッサーを見つけてください。

050-8888-7890 ここをタップでお電話

お電話でのお問い合わせ時には「HPを見ました」とお声がけください。

メールでの問い合わせやご注文 見積書・請求書も発行中