エアーコンプレッサー通販専門店AIR SELFは高品質なエアーコンプレッサを全国に送料無料でお届けしております。
静音自慢の高品質エアーコンプレッサをお求めやすい価格で在庫セール中
お電話は日本人専任スタッフが対応します
050-8888-7890
毎日10時〜19時。スマホ可。日曜休業

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エアーコンプレッサーコラム
  4. なぜオイルレスのエアーコンプレッサーが人気なの?オイルレスとオイル式の特徴と利点を解説

なぜオイルレスのエアーコンプレッサーが人気なの?オイルレスとオイル式の特徴と利点を解説

エアーコンプレッサーには、オイル式とオイルレスの2種類があります。

これらはオイルの有無だけでは無い様々な違いがあり、一般消費者にはオイルレス式のエアーコンプレッサーの方が人気です。

本記事ではなぜオイルレス江アーコンプレッサーが人気なのかをオイル式、オイルレス式のエアーコンプレッサーの特徴を踏まえながら解説していきます。

なぜオイルレスエアーコンプレッサーが人気?

オイルレスエアーコンプレッサーの商品
オイルレスエアーコンプレッサーが人気の理由は主に以下の4つが挙げられます。

・メンテナンスが簡単
・音が静か
・環境にやさしい
・小型モデルでもパワフル

メンテナンスが簡単

オイルレスエアーコンプレッサーは、潤滑油を必要としないため、メンテナンスが簡単です。潤滑油の交換や添加物の管理が不要なため、手間やコストがかかりません。また、オイルがないためにオイルフリーコンプレッサーはクリーンで、環境への影響も少なくなります。

音が静か

オイルレスエアーコンプレッサーは、オイルがないため騒音が少ないです。騒音は作業環境において重要な要素であり、特に住宅地や静音が求められる場所での使用に適しています。

環境にやさしい

オイルレスエアーコンプレッサーは、作業時にオイルからの汚染物質を排出しません。

このため、特に食品加工や医療などの環境に敏感な分野での使用が好まれます。また、オイルレスエアーコンプレッサーは排出される空気中の微細なオイル粒子も少ないため、清浄な空気供給が可能です。

小型モデルでもパワフル

オイルレスエアーコンプレッサーは、内部にオイルポンプやオイルフィルターが不要なため、コンパクトで軽量な設計が可能です。これにより、設置スペースの制約のある場所や移動が頻繁に必要な場所での使用に適しています。

これらの要素が組み合わさって、オイルレスエアーコンプレッサーが人気を集めています。ただし、使用目的や要件によっては、一部のアプリケーションではオイルを使用するタイプのエアーコンプレッサーが必要な場合もあります。

オイルレスのエアーコンプレッサーの特徴

オイルレスのエアーコンプレッサーの主な特徴は以下の3点です。

・メンテナンスが簡単
・環境にやさしい
・コンパクトなサイズ感

▼メンテナンスが容易
潤滑油を使用しないため、オイル交換やオイルフィルター交換が不要です。

▼環境にやさしい
オイルが混入しないため、空気がクリーンで医療や食品加工業界で好まれます。

▼コンパクトなサイズ感
軽量で小型の構造が多く、携帯性や設置場所に優れています。

オイル式のエアーコンプレッサーの特徴

オイル式のエアーコンプレッサーの主な特徴は以下の2点です。

・高い性能
・耐久性が高い

▼高い性能
オイルによる潤滑があり、より高い圧力と大量の空気供給が可能です。

▼耐久性が高い
適切なメンテナンスが行われている場合、オイル式の方が耐久性が高く長寿命です。

オイルレスとオイル式のエアーコンプレッサーの違い

オイルレスとオイル式のエアーコンプレッサーの違い

オイルレスのエアーコンプレッサーとオイル式のエアーコンプレッサーの違いは主に以下の5つです。

・潤滑機構の有無
・メンテナンスの違い
・音の大きさ
・排出する空気のクリーンさ
・値段

潤滑機構の有無

オイルレスエアーコンプレッサーは、潤滑油を必要としません。そのため、シリンダーやピストンなどの摩擦面に直接金属同士が接触し、摩擦が発生します。一方、オイル式エアーコンプレッサーでは、潤滑油が使用されて摩擦を減少させる役割を果たします。

メンテナンスの違い

オイルレスエアーコンプレッサーは、潤滑油を必要としないため、オイルの交換や添加物の管理が不要です。一方、オイル式エアーコンプレッサーでは、定期的な潤滑油の交換やフィルターの清掃が必要となります。

音の大きさ

オイルレスエアーコンプレッサーは、オイルがないため騒音が少ない傾向があります。一方、オイル式エアーコンプレッサーは、オイルの潤滑により騒音が軽減される場合がありますが、一部のモデルではオイルポンプなどの騒音要素が存在するため、比較的騒音が発生する場合があります。

排出する空気のクリーンさ

オイルレスエアーコンプレッサーは、作業時にオイルからの汚染物質を排出しません。一方、オイル式エアーコンプレッサーでは、作動中に微量のオイルが排出される可能性があります。このため、環境への影響を最小限に抑えたい場合には、オイルレスエアーコンプレッサーが好まれることがあります。

値段

基本的にオイルレスのエアーコンプレッサーの方が、オイル式のエアーコンプレッサーに比べて安いです。

理由はいくつかありますが、オイル式の江アーコンプレッサー は工業に扱われることが多いため様々な機能やパーツがオイルレス式とは異なっているため値段も高い傾向にあります。

これらは一般的な違いですが、各種モデルやメーカーによっても仕様や性能は異なる場合があります。使用目的や要件に応じて、適切なタイプのエアーコンプレッサーを選択することが重要です。

まとめ

家庭用や趣味、軽い業務用途にはオイルレスエアーコンプレッサーが主流で、メンテナンスの手間が少なく、クリーンな空気が得られることから好まれています。

一方、工業用途や重い業務用途では、高い性能と耐久性が求められるため、オイル式エアーコンプレッサーが主流となっています。

ぜひ使用用途にあったエアーコンプレッサー を当サイト「エアーコンプレッサー専門店エアセルフAIRSELF」でお買い求めください。
エアセルフおすすめエアーコンプレッサー
[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/”]

050-8888-7890 ここをタップでお電話

お電話でのお問い合わせ時には「HPを見ました」とお声がけください。

メールでの問い合わせやご注文 見積書・請求書も発行中