エアーコンプレッサーを通販で購入する際、関連商品を適切に選ぶことは重要です。
適切な関連商品を選ぶことで、エアーコンプレッサーの使用やメンテナンスをより便利に、効果的に行うことができます。

本記事では、通販でエアーコンプレッサーを購入する際におすすめの関連商品を紹介していきます。

エアーコンプレッサーを通販購入する場合どんな関連商品がおすすめ?

エアーコンプレッサーを購入する人が他に購入する関連商品は以下のようなものがあります。

  • エアーツール
  • エアーホース
  • ホースリール
  • クイックカプラー
  • レギュレーター
  • 圧力計

エアーツール

エアーコンプレッサーのエアツールは、圧縮空気を動力源として使用するさまざまな手工具や機械装置のことを指します。
いくつかの具体的なエアツールの例を挙げていきます。

エアーレンチ(エアーインパクトレンチ)

エアーレンチは、高トルクの回転力を提供し、ネジやナットの締め緩め作業に使用されます。自動車整備や建設現場でのタイヤ交換などでよく使用されます。

エアーハンマー

エアーハンマーは、圧縮空気の力で打撃を与えるハンマーです。鉄板の切断や剥離、釘の打ち込みなどの作業に使用されます。

エアーラチェット

エアーラチェットは、圧縮空気を利用して回転するツールで、狭いスペースや狭い角度での締め緩め作業に適しています。特に自動車整備や機械メンテナンスなどで頻繁に使用されます。

エアーナイフ

エアーナイフは、圧縮空気の力で高速の風を発生させるツールで、清掃作業や排塵作業に使用されます。工場や車両の清掃、木工や金属加工時のチップの除去などに利用されます。

エアーペイントスプレーガン

エアーペイントスプレーガンは、圧縮空気を使用して塗料やコーティング剤を均一に吹き付けるためのツールです。自動車塗装や家具の塗装など、大面積や均一な仕上げが求められる作業に使用されます。

これらは一部のエアーツールの例ですが、実際にはさまざまなエアーツールがあります。エアーコンプレッサーの圧縮空気を利用することで、高出力や効率性、作業の容易さを実現し、さまざまな産業や作業現場で重要な役割を果たしています。

エアーホース

エアーホースは、圧縮空気をエアーコンプレッサーからエアーツールに転送するために使用される重要な部品です。

材質

エアーホースは一般的に耐圧性と耐摩耗性の高い素材で作られています。主な材料としては、合成ゴムやポリウレタンなどが使用されます。これらの材料は圧力に耐えるだけでなく、柔軟性や耐久性も持ち合わせています。

直径と長さ

エアーホースの直径と長さは、特定のエアーツールや作業環境に合わせて選ばれます。一般的な直径は1/4インチから1インチ程度で、一般的な長さは数メートルから数十メートルになります。直径が大きいほど、より多くの圧縮空気を転送することができますが、柔軟性や取り回しの容易さは減少します。

接続部品

エアーホースは、エアーコンプレッサーとエアーツールの間で接続されます。一般的な接続部品には、クイックカプラーやホースバーブ、ホースクランプなどがあります。これらの部品は、簡単にホースを接続・切断することができるように設計されています。

圧力耐性

エアーホースは、エアーコンプレッサーからの圧縮空気の圧力に耐える必要があります。それぞれのホースには、許容される最大圧力(耐圧)が指定されており、適切な圧力範囲内で使用する必要があります。また、使用するエアーツールの圧力要件に応じて、適切な耐圧性のエアーホースを選ぶことも重要です。

メンテナンスと保管

エアーホースは定期的なメンテナンスが必要です。ホースのクリーニングや定期的な点検を行い、異常や損傷がないかを確認することが重要です。また、保管時には直射日光や高温・低温などの影響を受けないように注意する必要があります。

エアーホースは、エアーコンプレッサーやエアーツールとの接続部品として重要な役割を果たします。正確な圧縮空気の供給と効率的な作業を実現するために、適切な材質、直径、長さ、耐圧性のエアーホースを選ぶことが重要です。

エアーホースの選択においては、作業環境や使用するエアーツールの圧力要件、移動性や柔軟性の必要性などを考慮する必要があります。また、定期的なメンテナンスや点検を行い、ホースの状態を確認することも重要です。損傷や異常がある場合は、交換や修理を行うことが必要です。

エアーホースは、圧縮空気を効果的に転送し、エアーツールの動力源として重要な役割を果たしています。適切なエアーホースの選択と適切なメンテナンスにより、効率的な作業環境の構築や作業品質の向上に貢献することができます。

ホースリール

エアーコンプレッサーのホースリールは、エアーホースを収納・保管するための装置です。

以下にいくつかの具体的なホースリールの例を紹介します。

ウォールマウント型ホースリール

ウォールマウント型ホースリールは、壁面に取り付けて使用するタイプです。壁面に固定されているため、スペースの節約やホースの取り扱いの容易さが特徴です。工場やガレージなどの作業場でよく使用されます。

スタンド型ホースリール

スタンド型ホースリールは、自立している独立型の装置です。移動が容易であり、作業現場や屋外での使用に適しています。ホースを巻き取ることで整理された状態を保ち、絡まりやホースの損傷を防ぎます。

リトラクタブルホースリール

リトラクタブルホースリールは、自動的にホースを巻き取る機構が組み込まれたタイプです。ホースの取り扱いが簡単であり、引っ張ると自動的に巻き取られるため、整理された状態を保ちます。作業効率の向上や安全性の向上に貢献します。

ハンドリール型ホースリール

ハンドリール型ホースリールは、手動でホースを巻き取ることができるタイプです。取り外しや保管が容易であり、移動性も高いです。一般的に小規模な作業やDIYプロジェクトに適しています。

これらは一部のホースリールの例ですが、市場にはさまざまな種類やサイズのホースリールが存在します。ホースリールの使用により、エアーホースを整理し、絡まりや損傷を防ぐことができます。作業現場の安全性や効率性を向上させるために、適切なホースリールの選択と適切な取り扱いが重要です。

クイックカプラー

エアーコンプレッサーのクイックカプラーは、エアーツールやエアーホースを迅速かつ簡単に接続・切断するための接続部品です。以下に具体的なクイックカプラーの例を紹介します。

プラグ型クイックカプラー

プラグ型クイックカプラーは、エアーツール側に取り付けられるプラグの形状を持った接続部品です。クイックカプラー本体にはスプリングが内蔵されており、ホース側のソケットにプラグを差し込むことで接続が完了します。ワンタッチで接続や切断が可能で、作業効率を向上させます。

ソケット型クイックカプラー

ソケット型クイックカプラーは、エアーホース側に取り付けられるソケットの形状を持った接続部品です。クイックカプラー本体にはスプリングが内蔵されており、ツール側のプラグをソケットに差し込むことで接続が完了します。プラグを引っ張ることで簡単に切断することができます。

フォールディング型クイックカプラー

フォールディング型クイックカプラーは、ソケット型とプラグ型の両方の機能を備えた接続部品です。ホース側にはソケット、ツール側にはプラグがあり、お互いに折り畳むことで接続が完了します。コンパクトなデザインで、収納や持ち運びに便利です。

クイックカプラーは、エアーツールやエアーホースの接続部品として非常に便利です。作業中に頻繁にツールの切り替えが必要な場合や、エアーホースの接続・切断が繰り返される場合に特に有用です。クイックカプラーの使用により、迅速な接続や作業効率の向上が実現され、作業時間の短縮や作業現場の効率化に貢献します。

レギュレーター

エアーコンプレッサーのレギュレーターは、圧縮空気の圧力を制御するための装置です。具体的な例として、以下のようなレギュレーターがあります。

プレッシャーレギュレーター

プレッシャーレギュレーターは、エアーコンプレッサーから供給される圧縮空気の圧力を調整するために使用されます。一般的には、圧力ゲージと調整つまみを備えています。圧力ゲージは現在の圧力を表示し、調整つまみを回すことで目標の圧力に設定することができます。例えば、エアーツールやエアーシステムの要件に応じて、適切な圧力を設定することができます。

フィルターレギュレーター

フィルターレギュレーターは、圧縮空気の圧力制御と同時に、空気中の不純物や水分を除去するために使用されます。フィルターレギュレーターは、レギュレーターとフィルターが一体化しており、エアーコンプレッサーからの空気をクリーンで乾燥した状態に保ちます。これにより、エアーコンプレッサー内部への不純物や塵の侵入を防ぎます。

オイルウォーターセパレーター

オイルウォーターセパレーターは、圧縮空気中のオイルや水分を分離するために使用されます。特にオイルインジェクションタイプのコンプレッサーでは、圧縮空気中に微量のオイルが含まれる場合があります。オイルウォーターセパレーターは、これらの不純物を分離し、クリーンな圧縮空気を供給する役割を果たします。これにより、エアーツールやシステムの故障や損傷を防ぎます。

レギュレーターは、エアーコンプレッサーの出力圧力を制御し、エアーツールやエアーシステムに最適な圧力とクリーンな空気を供給します。適切な圧力制御と空気のフィルタリングは、安全性、作業品質、およびエアーコンプレッシャーレギュレーターやフィルターレギュレーター、オイルウォーターセパレーターなどのレギュレーターは、エアーコンプレッサーの正確な圧力制御とクリーンな空気供給に欠かせない重要な役割を果たしています。

適切な圧力制御は、エアーツールの正常な動作と安全性に直結します。圧力が高すぎると、エアーツールが損傷する可能性があり、作業効率や品質にも悪影響を及ぼすことがあります。一方、圧力が低すぎるとエアーツールのパフォーマンスが低下し、作業の効率が悪くなる場合があります。レギュレーターを使用することで、適切な圧力を設定し、安定した作業条件を確保できます。

また、フィルターレギュレーターやオイルウォーターセパレーターは、圧縮空気中の不純物や水分を除去することで、エアーツールやエアーシステムの保護を行います。不純物や水分がエアーツールに入ると、動作不良や摩耗、故障の原因となる可能性があります。レギュレーターとフィルターの組み合わせにより、クリーンで乾燥した圧縮空気を供給し、エアーツールの寿命を延ばし、作業品質を向上させることができます。

圧力計

エアーコンプレッサーの圧力計(プレッシャーゲージ)は、圧縮空気の圧力を計測するための装置です。以下に具体的な圧力計の例とその機能を紹介します。

マニュアル圧力計

マニュアル圧力計は、直接読み取りが可能なアナログ表示式の圧力計です。一般的には円盤状のメーターで、圧力が針で示されます。例えば、0から100 psi(ポンド毎平方インチ)の範囲で表示される場合、エアーコンプレッサーの圧力を正確に読み取ることができます。

デジタル圧力計

デジタル圧力計は、数値表示によって圧力を表示する装置です。デジタルディスプレイに圧力値が表示され、より正確な読み取りが可能です。さまざまな単位(psi、kPa、barなど)で圧力を表示することもできます。また、一部のデジタル圧力計には、最大圧力値の記録やピークホールド機能が搭載されていることもあります。

コンボ圧力計

コンボ圧力計は、複数の圧力範囲を一つのディスプレイに組み合わせた装置です。例えば、0から300 psiの範囲と0から10 barの範囲を同時に表示することができます。複数の圧力単位を切り替えて表示することもできます。

圧力計は、エアーコンプレッサーの圧力を正確に計測し、作業時の圧力制御やセットアップに役立ちます。作業に適切な圧力を確保するために、圧力計を適切に配置し、正確な読み取りと監視を行うことが重要です。

まとめ

以上エアーコンプレッサーを購入する人が他に購入する関連商品を紹介しました。

  • エアーツール
  • エアーホース
  • ホースリール
  • クイックカプラー
  • レギュレーター
  • 圧力計

これらの関連商品は、エアーコンプレッサーを効率的かつ安全に使用するために役立ちます。適切なメンテナンスやアクセサリーを揃えることで、エアーコンプレッサーの寿命を延ばし、作業効率を向上させることができます。

ぜひあなたの使用用途にあったエアーコンプレッサー を当サイト「エアーコンプレッサー専門店エアセルフAIRSELF」でお買い求めください。

エアーコンプレッサー専門店エアセルフ

私たちは国内では珍しいエアーコンプレッサー通販の専門店です。
9L・10Lのお手軽サイズから24L・30L・50Lなどの大容量サイズまで様々なリットル容量のエアータンクまで幅広く通販で用意しています。


365日受付中

メール受付時間:24時間受付中

電話受付時間:12:00~17:00



▼お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼

050-8888-7890

※スマホからならタップでお電話いただけます。

お気軽にお電話ください


私たちは専門店としておすすめのエアーコンプレッサーを日本中に広めていきたいという思いでエアーコンプレッサー通販専門店のエアセルフを立ち上げました。

お客様の抱える悩みを全て解決できるよう、エアーコンプレッサーという商品にひたむきに向き合い、おすすめできる静音エアーコンプレッサーを独自開発し、より良いおすすめエアーコンプレッサーを届けるためにひとつずつ改善を重ねております。現在、弊社運営サイトでは複数のエアーコンプレッサーの販売を行っています。

エアーコンプレッサーの取り扱いモデルはこちら
 
TOP