コンプレッサーの改造はしていいの?専門店エアセルフの見解

エアーコンプレッサーの改造については、一般的には推奨されません。
なぜコンプレッサーの改造は推奨されないのか、エアーコンプレッサー専門店エアセルフの見解これには以下の理由があります。

改造が推奨されない理由1.安全性

コンプレッサーは高圧の空気を扱います。そのため、設計や製造過程での安全規格に準じて製品が作られています。無理な改造を行うと、爆発や故障などの安全上のリスクが増える可能性があります。

改造が推奨されない理由2.メンテナンスと保証

改造を行うと、メーカーの保証が無効となる場合が多いです。また、専門店であるエアセルフでも、改造を行った商品についてのメンテナンスやサポートを提供することは難しいです。
当店、エアセルフのエアーコンプレッサーもお客様自身での改造をされた場合は一切の保証修理交換の対象外となりますのでご注意ください。

改造が推奨されない理由3. 性能

製品は最適な性能を発揮するように設計されています。無理な改造を行うと、むしろ性能が落ちる可能性もあります。
エアセルフとしては、お客様が安全に、かつ最高のパフォーマンスでエアーコンプレッサーをお使いいただくため、原則としてコンプレッサーの改造はお勧めしておりません。ご不明な点や、何か問題がありましたら、いつでもお問い合わせください。エアセルフのスタッフが親切、丁寧に対応いたします。

エアーコンプレッサーの改造をなせ試みるのか?

エアーコンプレッサーの改造を試みる人が着目する部分はさまざまですが、以下にいくつかの例を挙げてみます

改造してはいけないパーツ1. 圧力調整

一部のユーザーは、エアーコンプレッサーの作動圧力を調整したいと考えることがあります。これは、特定の工具やアプリケーションに合わせて圧力をカスタマイズするためです。しかし、これは非常に危険であり、コンプレッサーの圧力を適切な範囲外に調整すると、機器が破損したり爆発の危険性があるため、専門的な知識と技術が必要です。

改造してはいけないパーツ2. タンク容量の増加

コンプレッサーのタンク容量を増やす改造を試みる人もいます。これにより一度に保管できる圧縮空気の量を増やすことができますが、これも適切な設計と構築が必要で、間違った手順では機器の破損や安全上の問題を引き起こす可能性があります。

改造してはいけないパーツ3. 電源の変更

エアーコンプレッサーの電源を変更するための改造を行う場合もあります。たとえば、電動コンプレッサーをガソリンエンジンに変更するなどです。ただし、これは電気や機械工学に関する深い知識と経験を必要とし、誤った手順は大きな危険を伴います。

改造してはいけないパーツ4. 改良部品の追加

特定の性能の向上やコンプレッサーの寿命を延ばすために、市販の改良部品を追加する人もいます。これは比較的安全な改造の一部である可能性がありますが、部品が適切に取り付けられ、コンプレッサーの仕様に合っているかを確認することが重要です。

まとめ:コンプレッサーの改造はしていいの?専門店エアセルフの見解

エアーコンプレッサーの改造は全て専門的な知識と技術を必要とし、間違った手順は大きな危険を伴います。また、これらの改造はエアーコンプレッサーの保証を無効にする可能性があるため、ご自身での改造はくれぐれもしないようにいただければと思います。

ETOP24Lエアーコンプレッサー

エアーコンプレッサー専門店エアセルフ

私たちは国内では珍しいエアーコンプレッサー通販の専門店です。
9L・10Lのお手軽サイズから24L・30L・50Lなどの大容量サイズまで様々なリットル容量のエアータンクまで幅広く通販で用意しています。


365日受付中

メール受付時間:24時間受付中

電話受付時間:12:00~17:00



▼お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼

050-8888-7890

※スマホからならタップでお電話いただけます。

お気軽にお電話ください


私たちは専門店としておすすめのエアーコンプレッサーを日本中に広めていきたいという思いでエアーコンプレッサー通販専門店のエアセルフを立ち上げました。

お客様の抱える悩みを全て解決できるよう、エアーコンプレッサーという商品にひたむきに向き合い、おすすめできる静音エアーコンプレッサーを独自開発し、より良いおすすめエアーコンプレッサーを届けるためにひとつずつ改善を重ねております。現在、弊社運営サイトでは複数のエアーコンプレッサーの販売を行っています。

エアーコンプレッサーの取り扱いモデルはこちら
 
TOP