エアーコンプレッサー通販専門店AIR SELFは高品質なエアーコンプレッサを全国に送料無料でお届けしております。
静音自慢の高品質エアーコンプレッサをお求めやすい価格で在庫セール中
お電話は日本人専任スタッフが対応します
050-8888-7890
毎日10時〜19時。スマホ可。日曜休業

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エアーコンプレッサーコラム
  4. オイルレスコンプレッサーの寿命は?壊れやすい特徴を専門店が解説

オイルレスコンプレッサーの寿命は?壊れやすい特徴を専門店が解説

オイルレスコンプレッサーの寿命は?壊れやすい特徴を専門店が解説

オイルレスコンプレッサーの寿命とその維持についてと題して、オイルレスコンプレッサーは、一般的な空気圧縮機の中でも信頼性とメンテナンスの簡便さから多くの利用者に愛用されています。しかし、その寿命は使用頻度や環境条件、メンテナンスの状況によって大きく変わるため、注意が必要です。ここでは、オイルレスコンプレッサーの寿命とその寿命を延ばし壊れにくくするためのポイントについて説明します。

オイルレスコンプレッサーの寿命

オイルレスコンプレッサーの寿命は、一般的に数年から数十年とされています。これは、適切なメンテナンスと正しい使用方法を守っていれば可能な長さです。しかし、それにはいくつかの注意点が存在します。

オイルレスコンプレッサーを壊れやすくしない注意点

  • 熱対策:オイルレスコンプレッサーは運転中に熱を発生します。長時間の連続運転や高負荷の使用はコンプレッサーを過熱させ、その寿命を縮める可能性があります。過熱による故障を防ぐため、周囲の通気性を確保し、適切な冷却を行うことが必要です。
  • 適切なメンテナンス:オイルレスコンプレッサーは、オイルを使用しないため一部のメンテナンスが不要ですが、それでも定期的なメンテナンスは必要です。フィルターの清掃や交換、シリンダーやバルブの点検などを定期的に行い、パーツの摩耗や劣化を防ぐことが重要です。
  • 過負荷の回避:オイルレスコンプレッサーは、適切な容量や性能に合わせて使用することが重要です。過負荷や過度な負荷がかかると、コンプレッサーの寿命を短くする可能性があります。必要なエアー供給量や圧力に応じて、適切な容量のコンプレッサーを選ぶことが重要です。

当店としてはオイルレス型の頑丈なエアーコンプレッサーを完備しておりますので、オイルレス型を推奨しておりますがこれらの注意点を踏まえ、オイルレスコンプレッサーの寿命を最大限に引き出すことが可能です。使用方法や環境によっては、その寿命は大きく変わる可能性があるため、適切なメンテナンスと使用方法を心掛けることが重要です。また、製品ごとの取扱説明書をよく読み、必要なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

寿命が長いエアーコンプレッサーの選び方とコツ

先日、当店にて購入を検討しているお客様からエアーコンプレッサーの選び方についてご質問がありましたので、こちらのコラムにも記載します。

エアーコンプレッサーの選定方法

自分にあったエアーコンプレッサーを選ぶには主にオイル式とオイルレス式の違い、タンク容量、そして消費電力を考慮する必要があります。

1. オイル式とオイルレス式の違い

オイル式とオイルレス式の違いは、まず、オイルの有無によります。一般的に家庭やDIYで使われるエアーコンプレッサーはオイルレス型が多いです。オイルレス式は、オイルが絡まないため、空気の噴射にオイルが混ざることがありません。これは、塗装や食品加工など、純粋な空気が求められる作業に適しています。しかし、オイルレス式はオイル式に比べて耐久性が少し落ち、連続使用には向きません。反面、動作音はオイル式よりも小さい傾向があります。

一方、オイル式エアーコンプレッサーは、空気に微量のオイルが混じる特性があります。これは、特定の工業用途などで必要とされる場合があります。また、オイル式は長時間の連続使用に耐える耐久性を持っています。しかし、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要で、清浄な空気が必要な作業には向きません。

当店でおすすめしているのはすべてオイルレス型のエアーコンプレッサーとなりますので、コンプレッサー専門店である当店で購入された場合には面倒なオイル交換のメンテナンスはすべて不要となっております。

2. タンク容量

次に、タンク容量です。タンク容量が大きければ大きいほど、一度にためられる空気量が増え、作業効率が上がります。しかし、すべての作業が連続作業でなければ、小さいタンクのエアーコンプレッサーでも十分に機能を発揮できます。さらに、サブタンクを用いて容量を増やすという選択肢もあります。

3. 消費電力

最後に、消費電力を考える必要があります。大きなタンク容量のエアーコンプレッサーは一見魅力的に見えますが、それらはしばしば大きな消費電力を必要とします。特に、一部の製品では1000W以上の電力を消費することもあります。これはドライヤーなどの高消費電力の家電と同等の電力であり、短時間の使用なら問題ないかもしれませんが、同時に他の高消費電力の家電を使用する場合は注意が必要です。

おすすめのエアコンプレッサー

最後に、いくつかのおすすめのエアコンプレッサーを紹介します。

1. 家庭用に適した小型のオイルレス式:

ETOP9L(9L)エアーコンプレッサー

これは堅牢なコンプレッサーでパワフルなモーターを搭載しています。一般的な家庭用のエアツールを動かすのに十分です。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-9l-silent-oilless-aircompressor/”]

2. タンク容量が十分なオイルレス式:

ETOP24L(24L)エアーコンプレッサー

自動空気充填システムにより長時間の使用が可能です。プロフェッショナルな用途や大規模なDIYプロジェクトに最適です。

[clink url=”https://air-compressor.jp/spec/etop-24l-silent-oilless-aircompressor/”]

選ぶエアコンプレッサーはあなたの具体的なニーズと用途によります。上記のガイドラインとおすすめを参考に、最適なエアコンプレッサーを見つけてください。

050-8888-7890 ここをタップでお電話

お電話でのお問い合わせ時には「HPを見ました」とお声がけください。

メールでの問い合わせやご注文 見積書・請求書も発行中